carew

最近、おとなの二キピ、つまり20代、30代になってから二キビができるという人が増えています。

“20歳をすぎたらニキビとはいわす、吹き出物”などとよくいいます。

 
吹き出物とは、おとなの二キビに相当するものでしょう。10代のニキピとはでき方もなおり方も異なるので、昔の人も吹き出物と呼んで区別したのでしょう。

大人の二キピは、「音はできなかったのに」、「20歳すぎて、いったんなおったのに最近またできた」というパターンが多く、なおりにくく、跡に残りやすいのが特徴です。ティーンエイジャーのニキビもおとなの二キピも直接的な原因は毛穴のつまりですが、つまる原因に大きな遣いがあります。

10代は、皮脂腺の活動が盛んな時期。そのため皮脂が過剰に分泌され、顔中にちらばって二キピができるケースがほとんどです。しかし、新陳代謝も盛んな時期なので、なおりも速いのです。

一方、おとなの二キピの主な原因は、ストレスやホルモンのアンバランス。

できる場所もあごなど顔の下の方が多く、肌の再生自体が遅くなっているのでなおりにくいという特徴があります。

なおらないまま二キピが悪化して菌が繁殖を続け、炎症を起こすと跡が残りやすくなります。ニキピ跡には赤み、色素沈着、陥没の3種類があり、赤みと色素沈着は回復するものの、陥没は完全には回復しません。
ニキビができやすい人の肌ケアは、油分を控えめに、水分を多めに補給するのがポイント。基礎化粧品は水分保持効果の高いものを選びましょう。また、ニキビを予防するため、日ごろからホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を心がけるなど、体の中からのケアも忘れ広いことが大切です。

体の中からのケアならキミエホワイトプラスが効果を発揮してくれれます。キミエホワイトの成分を確認して、飲み方やタイミングを覚えてください。