sora
シミができる一番の原因は紫外線です。表皮の基底層の部分にメラノサイトという細胞があり、紫外線を浴びることで、メラニンという黒褐色の色素をつくりだします。
メラニンは皮膚にとって必要なものですが、紫外線をたっぷり浴びすぎることで、過剰に生産されてしまい、排世されなくなるとシミとなるのです。

 
キミエホワイトを飲んでいると、「皮膚の再生とシミやしわがつくられる原因」でも説明していますが、そのメラニンが生成する色素を抑えてくれる役目を果たします。
シミが発生してからよりも、発生する前に予防としてキミエホワイトで補うほうがいいじゃないかと思われるかもしれませんが、シミが発生する前に飲んでおくのは無理なんです。

 
詳しく説明していきます。

紫外線には、いつもどおり気をつけていたつもりなのに、突然シミができてしまうのはなぜでしょか?

 
今できたシミのもとをたどると、意外にも、子どものころから浴びていた紫外線の積み重ねが原因なのです。
生まれたときから、紫外線を浴びるたびに肌の深部が傷つけられ、若いうちはまだその影響は目に見えないのですが、そのダメージが積み重なって、ある日、コップの水があふれるようにシミとなって表面化します。

つまり、気にとめないほどの微量の紫外線でも、ダメージとして蓄積されていくのです

屋外で長時間すごす場合だけでなく、私たちはふだんの生活でも知らないうちに紫外線を浴びており、曇りや雨の日でも油断は禁物です。
買物や洗濯物を干すときなども、日焼け止めをぬったり、帽子をかぶったりして肌を守りましょう。UVケアは年間を通してしっかりすることが大切ですが、1年のうちでは4月~9月、1日のうちでは午前10時頃~午後2時頃がもっとも紫外線が多く、とくに注意が必要です。

 

紫外線対策は屋外だけでは足りない

紫外線はガラスを通過します。だから、室内や車の中にいるときにも、UV対策は必要になります。
陽射しが強い日は、カーテンやブラインドなどをひいたり、車なら遮光フィルムをガラスに貼るな、として遮光に工夫しましょう。
もちろん、キミエホワイトを常駐することを忘れずに^^)

 

そのほかのシミの原因を

ストレスがたまると自律神経のバランスも乱れます。すると交感神経が優位の状態が続き、活性酸素が多く発生し、シミもできやすくなります。βカロテンなどのビタミン類は活性化酸素を除去しますから、ストレスを感じたときには緑黄色野菜を普段よりたくさん食べるようにしてください。
さらに内臓機能の低下もシミの原因となります。逆に内蔵機能を改善させることやキミエホワイトプラスを続けることで、できてしまったシミが薄くなることもあります。