jyoseihorumon
 女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。
このうち、肌の若さをキープするカギは、主にエストロゲンが握っています。別名、若さを保つホルモンと言われているんですよ!

小児期のうちは、女性ホルモンの分泌量はわずかですが、初潮を迎える思春期ごろから急速に増加し、初代でピークを迎えます。乳房はふっくらし、女性らしい丸みをおびた体へと変化して、妊娠に備えるようになるのです。
このように生理的な「女性らしさ」にかかわる役割だけでなく、エストロゲンは肌にも重要な作用があります。肌の水分量を整えたり、コラーゲンという肌にはりを与えてくれる物質を増やすなどの働きをしているのです。

しかし、エストロゲンは卵巣機能が衰えはじめる30代半ばごろから、だんだん減少していき、50歳前後の閉経を迎えると、急激に減ります。この急激な変化は、心身にさまざまなトラブルを引き起こします。
これが更年期障害と呼ばれるものです。閉経をすぎると、内臓や筋肉、骨などにも老化があらわれ、シミやしわ、たるみなどの肌トラブルを増やしていきます

肌の老化を遅らせるには、エストロゲンの分泌を減らさないことが必要とはわかっても、ホルモンの分泌量を自分の力で調節することは不可能です。外から薬で補う方法として「ホルモン補充療法」」がありますが、これは更年期障害の
治療法のひとつです。エストロゲンの急な減少による心身への影響を軽くする目的で行われており、長期の使用による副作用も指摘されていますし、だれでも受けられるというものではありません。HRTを受けたいときは、婦人科できちんと相談してから行うことが大切です。

食事から肌の老化を防ぐ方法

 漢方治療にも、婦人科系のトラブルを改善する処方もありますから、それにより肌の老化を遅らすことも期待できるでしょう。
また、エストロゲン様の働きをすると注目されている大豆のイソフラボンや、抗酸化作用のある物質などを積極的にとり、食事から肌の老化を防ぐように努めることも必要です。

もちろん、無理なダイエットや不規則な生活はいけません。とくに、無理なダイエットは要注意です。栄養不足になるようなダイエットをしていると、無月経や無排卵を起こしてしまうこともあります。月経が止まってしまうと、当然、エストロゲンの分泌は減り、肌の老化も進みます。
閉経期でもないのに、無月経が続くと、肌だけでなく、体の老化も進んでいきます。これは、若い女性にもいえることですから、極端なダイエットは、くれぐれも避けましょう。