キミエホワイトの成分で、ビタミンC以外に着目したいのが、L-システインなどの抗酸化成分です。抗酸化成分とは、抗酸化作用のある物質のことで、活性酸素を抑える働きを持っています。
活性酸素は、紫外線、タバコ、ストレスの他、呼吸や運動でも多少は発生してしまう悪玉の酸素です。遺伝子などに傷をつけ、老化や発がんを引き起こします。また、肌の老化も促進させます。
とくに、皮脂や化粧品に含まれる脂分が酸化して過酸化脂質にかわると、これが肌の上で活性酸素を生み出すのです。

そのため、キミエホワイトのようなシステイン系の医薬品には、抗酸化成分を配合したものが多くなりました。各種システインの他、ビタミンCやEにも抗酸化作用があり、肌を活性酸素から守ってくれます。これがキミエホワイト愛用者が一度飲むと、肌がきれいになったと言われる一番の理由になります。

キミエホワイトからだけではなく食べ物からも

 自然界には、活性酸素を取り除いてくれるさまざまな物質が存在します。それらのものを、まずは食べ物から摂取しましょう。とくに、植物は動物よりも体内へ入ってきた有害物質を処理する能力にたけているといわれています。植物は人の手で植えかえてもらわない限り、生まれてから死ぬまで同じ場所にいます。つまり、紫外線や大気汚染の有害物質、害虫などにさらされても動くことができないので、自分を守るべき成分を備えておく必要があるのです。
これが、ファイトケミカル(植物の化学物質)で、ポリフェノールやカロチノイドなど、植物の色素となっている物質です。このファイトケミカルは、人が食べても、同じように抗酸化パワーがあります。

さらに、ビタミンやミネラルにも抗酸化作用を持つものがあります。
それらの食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。肌を老化させないためには体を酸化させないことが大切です!

キミエホワイトにはビタミンCと肌を老化させないための抗酸化成分が配合されていますので、いつまでも元気な肌でいられるという訳です。

キミエホワイトで痩せるというのは間違いです

 欧米のスーパーモデルが実践していることで話題となったミネラルを過剰に摂取する美容法”は、美肌効果があるとか、老廃物が排出されるとか、代謝を高める効果があるなどといわれ、今でも若い女性を中心に人気があるようです。
成分的にはキミエホワイトにも入っています。ただ、欧米とは異芯る日本の気候を考えないと、あこがれの「スーパーモデル」どころか、むくみや肌あれを招くことになりかねません。
水のがぶ飲みで、便秘がなおるという説もあるようですが、女性の便秘の原因は、腸のぜんどう運動がうまく働かないという場合がほとんどです。外かうの刺激に頼るのではなく、腸自体の働きを促すには、冷たい飲み物ではなく、温性の食事などで温めて動かすようにしてやるべきでしょう。冷たい水を飲みすぎると、腸が冷えて動かなくなります。これではかえって逆効果に怒ってしまいます。
たくさん水を飲んで、汗をかいてやせようというのも、まちがいです。汗をかいたぶん、体が軽くなったような気はしますが、単に飲んだ水分がでていっただけなのです。やせるには、体の脂肪を燃焼させなければいけません。汗がたくさんでても、脂肪は燃えません。注意してください。