shokuseikatu
美肌のためには野菜をたくさん食べること。これを守っている人は多いようですが、肝心なのは食材の選び方や食べ方です。
 
忙しい毎日のなかでは、せいぜい生野菜のサラダを並べるだけで、調理に手聞がかかる緑黄色野菜はつい省いてしまいがちです。
 
外食で食べるものも、ほとんどがきゅうりやレタスが主役の生野菜サラダで、珍しいハーブがちらほら入っている程度です。これではほとんどが水分で栄養価もわずかです。
むしろ、ドレッシングで油をとるだけ、余分のカロリーになってしまいます。また、生野菜は体を冷やすので冷え性の人には向きません。

 
肌のためには緑黄色野菜をとるべきです!!

 
緑黄色野菜に含まれるβカロテン(ビタミンA)は抗酸化力が強く、肌あれや老化を防いでくれます。ところが、緑黄色野菜はサラダにはほとんど含まれず、外食が多い人はどうしても不足しがちです。また、βカロテンは、サプリメントでとるには適さないため、どうしても野菜で補う必要があります。

「野菜ジュースを飲めばよいのでは」と思う人もいるでしょうが、ジューサーなどにかけて時間がたつと、ビタミンは損失します。
 
やはり、美肌と健康のために、緑黄色野菜だけは自分で手をかけてとった方がよさそうです。
最近では、レンジにかけるだけで食べられる冷凍のゆで野菜などもありますから(冷凍食品のビタミン損失は少ないものです)、上手にとりいれてみてはいかがでしょう!

 
緑黄色野菜には、ビタミンCやその他の抗酸化成分、ミネラル、食物繊維なども含まれているので、ぜひとってほしいですね。

 

ほんとに気をつけてほしい食生活の間違い

kiwotukeru
 ひとり暮らしや家にいる主婦の場合、とくに昼食などはチャーハンや麺類のような炭水化物中心の食事でササッとすませてしまいがちです。
満腹感はあるものの、炭水化物は、エネルギー源になるという他には、肌に必要な栄養素はほとんど含まれていません。むしろ過剰にとることで、肥満にもつながるので要注意といえるでしょう!
 
どうしても炭水化物中心の食事になってしまう人は、玄米を混ぜてみましょう。玄米のおかゆで肌の調子がよくなったという例もあります。玄米にはビタミンB群鉄分、各種ミネラルの他に水溶性と不溶性の食物繊維もバランスよく含まれています。
 
また、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの減少をゆるやかにするためには、エストロゲンに似た働きをするというイソフラボンを含む大豆食品を積極的にとるといいでしょう。
 
しかし、いかに健康にいいといわれている食品でも、そればかりとっていては、弊害がでることもありますし、また、他の食品と組み合わせないとうまく吸収されないこともあるのです。やはり、なるべく多種類の食品を少しずっとることが理想でしょう。

 
そのためには和食が最適です。
 

もともと美肌の民族といわれる日本人の伝統食をぜひ見なおしてほしいものです。