utukusihada
「美しい」、「いつまでも若々しい」といわれる女性の共通点は、肌が美しいこと。健康で美しい肌を保ち続けることが美人の第一歩です。

 
はりのある美しい肌はメイクののりもよく、ファッションもいっそう映えます。では、美しい肌をつくるためにはどうしたらよいのでしょうか?

肌はその人の体の状態を明確にあらわします。「顔色のよさ」や「肌のつや」などで、その人の体調をある程度予測することができます。また、シミやしわ、くすみなどの状態から、年齢を推測することもできます。

 

肌年齢は生活習慣からわかる

 「皮膚は内臓をうつす鏡」といわれるように、肌と内臓は密接にからみあっています。たとえば、肝機能が弱れば肌がくすんできます。暴飲暴食が続き、胃腸が疲れてくれば、顔に吹き出物ができたりしますし、ストレスをため込めば、欲しくないしわを増やしてしまうこともあります。

肌カあれているときは、体の中もあれているもの。

肌の見た目が若い人は肉体的にも若く、一方、肌の見た目が老けている人は肉体的にも老化しているものです。

肌年齢イコール肉体年齢を加速させる原因は、まずは生活習慣の乱れです。これが、肌と体の老化を促進させるのです。さて、あなたの肌年齢は何歳でしょうか?

正しい肌年齢を知り、肌のために必要な対策を今日からはじめましょう。まずは、生活習慣を見なおすことが先決です。
 
biyouteki

たとえば、タバコをすっている、ストレスが溜まっている、寝不足、運動不足などひとつでもあれば、肌はかなりのトラブルがあると思われます。このままだと年齢はどんどん開いていく可能性があります。今すぐにでも生活習慣を改善して、できるだけ実年齢に近づける努力をしましょう!

特に睡眠不足で言うと、1日が24時間であるのに対し、人間は本来1日25時間サイクルで動いており、これをコントロールしているのが体内時計です。体内時計は脳の視交又上核というところにあり、ここで朝、太陽の光を感知すると脳の松果体ヘ信号を送ります。すると、14時間後に睡眠を誘導するホルモン“メラト二ン”分泌の予約が行われ、体内時計は夜へ向け、眠りのタイマーをセッ卜するのです。

体内時計を正しく働かせるには、規則正しい食事と、昼間なるべく外出することです。また、たとえ夜遅く寝ようとも、朝起きて日の光を浴びることで体内時計は1時間のズレをリセットします。ですから、起床時聞を一定に保つことが、生体リズムを整えるために重要なのです。